nanasuiblog 現役形成外科女医のつぶやき

【和訳と歌詞解説 詳細】【Afterglow】Ed Sheeran

洋楽 和訳

Afterglow / Ed Sheeran

Youtube 公式チャンネルより

この楽曲は、2020年の年末、クリスマス直前に突然発表されました。(↓発表時のEd Sheeranのコメント

和訳と歌詞  Afterglow / Ed Sheeran

PartA-1

Stop the clocks, it’s amazing

時よ止まってくれ、すごく綺麗だから

直訳は「時計を止めて、素晴らしい」となるでしょうか。時計の音が邪魔なくらい、素晴らしい光景だから止めて欲しい、時を止めたい、と解釈しました。

You should see the way the light dances off your hair

君の髪で光が踊ってるのを君にも見せたい

直訳は「君の髪で光が踊る方法を君は見るべきだ」。このoffをどう解釈するか悩みますが、光が髪の毛に当たったり離れたり(off)しながら踊っている、とイメージしました。

A million colours of hazel, golden, and red

ヘーゼル、金や赤、数えきれないくらいの色達を

colour (英) = color (米)です。

ヘーゼル=はしばみ色(ヘーゼルナッツの色)/シェークスピアが『ロミオとジュリエット』の中で ’hazel eyes’と表現して使ったそうです。

hazel nuts hazel eyes

golden=金色 ですが、goldではダメなのか。goldだと、金属としての金、または金色のものを示し、goldenだと、金色に近い色を含めていて、色の幅が広くなるようです。(→goldとgoldenの違い)ここでは、様々な色が見えていて、その中に金色に近いものがある、というイメージで、goldではなくて、goldenになっていると思われます。

Saturday morning is fading

土曜の朝は過ぎていく

fadeは「薄れていく、消えていく」 土曜日の朝が消えていく、なので、遅めの朝でしょうか。

The sun’s reflected by the coffee in your hand

君の手の中のコーヒーに反射した光

reflect「反射する」。彼女がコーヒーを持って窓辺にいて、その手に持っているコーヒーの水面に光が反射して光っている、髪の毛にも光が当たっていて、とても綺麗だ、という光景が想像できます。

My eyes are caught in your gaze all over again

僕はまたすっぽりと君の瞳に捕らえられる

そんな綺麗な彼女を見たら、目があって、そっくり(all over)と捕らえられて(caught)しまうのです。

ここまでをまとめると、土曜日の朝、きっと休みで朝少し遅めに起きてきたら、先に起きてコーヒーを持って光の中にいる彼女に見惚れてしまう、というなんとも美しく、幸せな光景です。

楽曲を聴いていると、ここのgaze allはかなり短く詰めて発音されて、「ゲイズル」と聞こえます。前半のA million colurs of hazel, golden, and red の、hazel「ヘイズル」の韻を踏んでいます。

PartB-1

We were love drunk waiting on a miracle

僕たちは愛に酔って、奇跡を待っていた

このmiracle「奇跡」は、私は妊娠を表しているのではないかと妄想します。

Trying to find ourselves in the winter snow

冬の雪の中に僕たちだけで

tryingと現在分詞になっているのは、前の文章の続きだと考えられます。すなわち、We were love drunk trying to find ourselves 〜となるので、冬の雪の中にあえて二人だけでいようとするくらい愛に酔っていた、

So alone in love like the world had disappeared

世界が消えて愛だけになったみたいに

まわりの世界が消えて、二人だけで愛の中にいる、もうお互いのこと以外は見えないくらいにお互いに愛し合っていた、という感じでしょうか。

world had disappearedは過去完了形です。先の文章でWe were love drunkと、過去形で始まっているので、時制の一致によります。この愛に酔っていた時には、それよりも前に世界が消えてしまっていて、その後も消えた状態にある、と解釈できます。もしも先の文章がWe are love drunkだと、この文章はSo alone in love like the world has disappearedとなるはずでした。この場合でも、現在love drunkで、それよりも前の時点で世界が消えていて、現在も消えた状態にあることを表します。(現在完了形、完了の用法)

Oh, I won’t be silent and I won’t let go

ああ、僕は君に伝えるよ、そして離さない

直訳は「僕は無言ではいない、そして手放さない」となるでしょうか。won’t = will notで、このwillは意志未来を表すwillです。let goは「(持っているものを)手放す」。無言でいてコミュニケーションをとりづらくしないよ、という意味だと私は解釈しました。何を手放さないのか、きっと「二人の愛、彼女そのもの」でしょう。

I will hold on tighter ‘til the afterglow

しっかりとつなぎとめるよ、日が沈んでも

ここのwillも意志未来を表すwillです。hold on tight「しっかりつかまる」ロープなどにしっかりつかまって落ちないようにするイメージです。ここではtighterと、比較級になっているので、今もしっかりつかまっているけれどもっとしっかり、という意味になります。’til = untill〜 〜まで 、afterglow「夕焼け、余韻」。

朝遅めに起きてきて美しい光景、彼女を目にして、その余韻に浸りつつ陽が沈んでいく。さらには、この夕焼け、陽が沈む頃を人生の終盤と捉えると、歳をとるまで、さらにしっかりつかまっていく、彼女と一緒にいられるように努力する、という気持ちを歌っているとも解釈できます。(少し深読みしすぎでしょうか。。)

And we’ll burn so bright ‘til the darkness softly clears

そして、僕たちは明るく輝いて、暗闇は薄れていく

直訳は「私たちは明るく輝く、暗闇がそっと明るくなるまで」darkness「暗闇」は二人にある不安な気持ちを表していて、けれども、二人で一緒にそれを解決していこう、という気持ちだと解釈しました。(先に、miracleを妊娠のことではないかと考えたので、ここのdarknessもこの先にある出産から子育てにまつわる不安を表しているのでは、とまた深読みしてしまいます。)

PartC-1

Oh, I will hold on to the afterglow

Oh, I will hold on to the afterglow

ああ、いつまでもつなぎとめるよ

直訳は、「この夕焼け、余韻を手放さないようにするよ」ここのwillも意志未来を表すwillです。hold on to 〜「〜を手放さないでおく、〜にしがみつく」。陽が沈んで夜になって暗くならないように、夕焼けにしがみつく、これから先の不安を暗示しているようにも解釈できます。

PartA-2

The weather outside’s changing

天気は変わっていく

自分たちを取り巻く環境が変化していることを表していると思います。

The leaves are buried under six inches of white

落ち葉は6インチの白い雪の下に埋まってる

whiteは雪と訳しました。six inchesは 6*2.54cm=15.24cmです。天気、季節が変わって、冬になり、雪が積もって時間が経ったことを実感しているのでしょう。

The radio is playing, Iron & Wine

ラジオからIron & Wineが流れてる

外は真っ白に雪が積もっていて、ラジオからはアイアン&ワインの曲が流れている。このアイアン&ワインの楽曲は、アコースティックギターを中心としたフォークソング調のものが多く、おそらく、ここで流れていたのも、1970年代を彷彿とさせるような雰囲気の曲が流れていたのではないかと想像します。(アルバム The Shepherd’s Dogの視聴はこちらへ)それが、次に出てくるlosing track of timeに繋がっているのでしょう。

This is a new dimension

これは新しい次元だ

今まで経験したことのない次元、やはり妊娠を連想してしまいます。

This is a level where we’re losing track of time

時間の感覚もなくなる

lose track of time「何時かわからなくなる、どのくらい時間が経ったかはっきりしなくなる」trackは「線路、跡、連続した一つながり」

外には雪が積もっていて、確かに時間が経ったはずなのに、ラジオからは懐かしい雰囲気の音楽が流れていて、今自分はいつの時代、いつの季節にいるのかわからない。時間が経ったのかも経っていないのかもしれない。。

I’m holding nothing against it, except you and I

それなのに僕は何も持ってない、君と僕以外には何も

新しい次元に入ったのにもかかわらず、自分にはそれに対抗する(against)すべがない。自分と彼女以外には何も。

*2020年8月下旬にEd Sheeranに第1子の女の子が誕生しています。正期産だとして逆算すると、早くて2019年12月中旬くらいに妊娠が判明していたと思われます。Ed sheeranは、この曲を発表した際(2020年12月)に、コメントに「Afterglow is a song I wrote last year that I wanted to release for you.」(→youtube  →コメントの和訳はこちら)と書いていて、ギリギリあり得るかな。。という感じです。

PartB-2

We were love drunk, waiting on a miracle

Trying to find ourselves in the winter snow

So alone in love like the world had disappeared

Oh, I won’t be silent and I won’t let go

I will hold on tighter ‘til the afterglow

And we’ll burn so bright ‘til the darkness softly clears

PartB-1と同じ

PartC-2

Oh, I will hold on to the afterglow

Oh, I will hold on to the afterglow

Oh, I will hold on to the afterglow

PartC-1と同じ

<ここまで読んで頂きありがとうございます。他にも和訳している楽曲あります↓↓>

【洋楽の歌詞】文法の解説付きで英語学習もできる【おすすめ9曲】

<ご意見、ご指摘、リクエストなどはぜひCONTACTから☺️>

おまけ

Ed SheeranがAfterglowを発表した際のYoutubeコメント

Hey guys. Afterglow is a song I wrote last year that I wanted to release for you. It’s not the first single from the next album, it’s just a song I love, and hope you love too. Enjoy ! Have a safe and happy festive break and New Year’s. Back to dad land for me now, ciao

「やあ、みんな。アフターグロウは、リリースするために去年に書いたんだ。次のアルバムのファーストシングル、ではなく、ただ、僕が気に入っていて、みんなにも気に入ってもらえるといいと思って。楽しんで。そして、安全で、幸せなクリスマス休暇と新年が迎えられますように。さて、’お父さん’に戻らないと。またね。」

この発表を受けて、イギリスのラジオ局Capital FMは、以下のようにコメントしています

The song is undeniably a love song and we can’t help but think Ed’s singing about his wife, Cherry and their baby girl, Lyra, who was born four months ago.

Especially with the lyric: “We were love drunk, waiting on a miracle.”

この歌は、間違いなくラブソングで、彼の妻チェリーと、4ヶ月前に誕生した赤ちゃんライラのことを連想せずにはいられない。特に「we were love drunk, waiting on a mirackle. 僕たちは愛に酔って、奇跡を待っていた」の歌詞から。

【Afterglow / Ed Sheeran】 Official Lyric Video