nanasuiblog 現役形成外科女医のつぶやき

【教科書がつまらない】英語学習には洋楽歌詞の和訳(翻訳)が確実におすすめな理由

洋楽 和訳

英語学習を頑張りたいけれど、教科書や参考書はつまらない。。

そんな方に確実におすすめできるのが、洋楽で英語を勉強する方法です。

そもそも、なぜ教科書や参考書はつまらないのか。それは、一方的に提供される情報の塊だからです。私自身は受験英語の勉強を通して主に英語学習をしたので、教科書や参考書もそれなりに読みこみました。それも一つの立派な勉強方法だと思っていますが、やはり向き不向きがあるでしょう。ただ羅列されている情報を一から淡々と覚えていくのが得意な人もいます。しかし、今この記事を読んでいただいている方は、もう少し能動的に勉強したいと思われている方でしょう。

洋楽の和訳(翻訳)が英語の勉強に有効な理由

結論から言うと、自然と能動的に学ぶ姿勢ができていて、何度も反復しやすいからです。

例えば、「この歌詞の意味が知りたい」「ここが理解できたらもっと製作者の意図がわかりそう」など、能動的な意図をもって勉強すると、勉強した内容が身につきやすいです。実際私も、好きなアーティストの曲を歌うために文章を理解しようとして和訳すると、そこで知った単語や熟語は、様々な情報と複合的に覚えることになるので定着しやすいです。

また、知識を定着させて自分のものにするには何度も繰り返すことが大事ですが、何度も教科書や単語帳をめくるよりも、好きなアーティストの曲を何度も聞いたり歌ったりする方が楽しくできるのではないでしょうか。

歌詞の和訳(翻訳)とその解説を読み、聴きながら勉強

いざ和訳をしようと思っても、わからない単語や熟語が多すぎて、そもそも何から手を付ければよいかわからない。というか、何がわからないかがわからない。もしくは好きな曲を選んではみたけれど、和訳するのに適しているのかもわからない、そんなことも多いかと思います。

確かに、楽曲によっては主語が略されすぎていたりして、和訳しづらいものがあったりします。なので、まずは他の人が和訳したものを参考にしていくほうが楽でしょう。多くのサイトは和訳は載っているものの、どうしてそんな訳になったのか、という具体的な理由が書かれていないことが多いです。

このブログでは単なる和訳だけでなく、単語や熟語の意味、文章の構造など細かい部分の解説をしながら、なぜそのような和訳(翻訳)になったのかを説明しています。また、各ページでその楽曲を聴きながら読めるようにyoutube画像を埋めこんであります。↓よかったら参考にしてみてください。

洋楽の和訳(翻訳)で英語学習 おすすめ9曲

詳細はこちら→【洋楽の歌詞】文法の解説付きで英語学習もできる【おすすめ9曲】

ただ和訳を示すだけでなく、単語や熟語、文法の解説、例文の提示などをしながら解説しています。ただし、中学英語程度の知識があることを前提としていますので、中学英語が怪しい方には理解不能な部分があるかもしれません。

*中学英語がかなり怪しい方、基本からやりなおしたい方はこちらをまずおすすめします。

9曲では物足りない方へ

【First Times】/ Ed Sheeran

→詳細はこちら

【Overpass Graffiti】 / Ed Sheeran

→詳細はこちら

【Shivers】 / Ed Sheeran

→詳細はこちら

【Visiting Hours】 / Ed Sheeran

→詳細はこちら

【Bad Habits】/ Ed Sheeran

→詳細はこちら

【Perfect】/ Ed Sheeran

→詳細はこちら

【Afterglow】 / Ed Sheeran

→詳細はこちら

【The Beginning】/ ONE OK ROCK

→詳細はこちら

【Renegades】/ ONE OK ROCK

→詳細はこちら

【Broken Heart Of Gold】/ ONE OK ROCK

→詳細はこちら

Close To You】/ Carpenters

→詳細はこちら

【I Need To Be In Love】/ Carpenters

→詳細はこちら

【Top Of The World】/ Carpenters

→詳細はこちら

【Shallow】/ Lady Gaga, Bradley Cooper

→詳細はこちら

【It’s Too Late】/ Carole King

→詳細はこちら