nanasuiblog 現役形成外科女医のつぶやき

洋楽 和訳に関する記事一覧


洋楽 和訳

この楽曲で学べる英語 単語;pretend 熟語など;take over 文法;分詞構文(付帯状況をあらわす)

洋楽 和訳

Ed Sheeranが18歳の頃に戻ったような感覚で、現在30歳の自分が直面している事柄について歌ったものです。また、日頃から’two-stepping with the woman I love’というフレーズを使いたいと思っていたそうで、'2step'は妻と踊る事ができると語っています。

洋楽 和訳

この楽曲は、Ed Sheeranが自分の結婚式でFirst danceの曲として使用した、’Thirteen’という楽曲(作者Ben Kweller)に影響を受けて作られました。妻のCherry Seabornと経験した様々な事が歌われ、愛と幸福感に溢れています。

洋楽 和訳

Edの父親的な存在だったMichel Gudinski氏が亡くなった後、その娘さんと話した際、Michel氏が常に「I love you」と娘さんに伝えていた、ということを聞き、もしも明日にでも自分が死んでしまったら、Edの思いを自分の娘は知る事ができないと考えて、この楽曲に思いを残そうとしたものです。

洋楽 和訳

【この楽曲で学べる英語】 単語;somehow / embarrass / still(動詞) / confidence 熟語など;out of one's mind / cut down / cut out / go through / sort out 文法;現在完了形「完了」「経験」

洋楽 和訳

1971年発表のアルバム「Tapestry」の最後に収録されている楽曲。1972年のグラミー賞では「Albam of the year」を受賞しています。歌詞はまるでおとぎ話のようで、Carole King自身がこのアルバム制作前に手編みのタペストリーを作っていたことも知られています。

洋楽 和訳

【洋楽の和訳で英語学習】単語の意味や文法も解説しています。【この楽曲で学べる英語】単語;fold 熟語など;fall for、upside down、outside in、go all in、turn A into B 文法;be to+動詞、仮定法のcould

洋楽 和訳

この楽曲は、ファンが’私たちのための曲だ’と思えるような、Ed Sheeranらしい曲、としてアルバムに入れた、と本人が説明しています。妻、Cherry Seabornとの「Fist Times’初めての事’」を忘れない、というロマンチックな歌詞です。

洋楽 和訳

2021年10月29日発売のアルバム'='(equal) に含まれる楽曲。Ed Sheeranは、このアルバムについて、「是非一度は曲の順番通りに聞いて欲しい」と語っており、この楽曲は一番最初に収録されています。これまでの自分を振り返り、そして父親になって大きく人生(自分自身)が変わっていく事を率直に歌っています。

洋楽 和訳

ジョーカーはEd Sheeran自身を、クイーンはCherry Seaborn(Ed Sheeranの妻)を表しています。「他にキングのように模範的な男性がたくさんいる中で、自分のようなジョーカーを選んでくれた。」という意味が込められています。